川中地区散策Ⅱ

ホーム 川中地区ガイド 川中地区散策Ⅱ

散策の道 稗田①

地蔵堂遺跡
 稗田南町にあった弥生時代の埋葬遺跡。
 標高44Mの小丘の頂上部に立地し、宅地造成作業に際して、昭和44年に箱式石棺一基が発見されたが、市教育委員会が報告を受けたときすでに遺跡は破壊された後であった。
 石棺は主軸を東西に向け、柩の中に葬られた人の両側に1本ずつ置かれた蓋弓帽二本と  連弧文銘帯鏡1枚が出土した。
 蓋弓帽は、中国漢時代の車に付けた天蓋の骨の先端を飾る金具で、前漢時代のものと考えられ、わが国唯一の出土品である。
 現在東京国立博物館に収蔵されている。
 その跡地は、現在の稗田南町四番地の一画に位置する。

下関市立考古博物館レプリカ
下関市立考古博物館レプリカ

散策の道 稗田②

稗田地蔵(4ヵ所(3ヵ所))

 稗田にも四ヶ所に(現在は3ヶ所)地蔵があり、伊倉・垢田と同様のことが行われていた。昔は、ダイガラ踊りという、台唐(足踏み式の搗精器具(踏み臼))を台にして踊ったものであり、手料理持参で賑わったそうである。(火の見山)

  

 





稗田町民館裏に祀られる地蔵

  このお地蔵さまは、人通りの少ない場所にひっそりとたたずんでいます。このお地  蔵様は現在の稗田橋近くにあって、50年以上も前に稗田町民館が建設されるころ、 
 お堂が取り壊され町民館のこの場所に移転されました。それまでは大きなお堂に祀られ、お堂の前には鐘撞堂もあってお地蔵さまの右側には御大師様(弘法大師)、左側 にお釈迦様が一緒に祀られている非常に珍しいものです。
 特にこの御大師様は「体の具合が悪くなったらお参りすると治る」との言い伝えがあるそうです。







稗田南町1 寺田商店角
稗田北町8
稗田町民館裏東側 弘法大師・お釈迦様
稗田町民館裏西側

散策の道 稗田③

石炭層発見(旧稗田:山の田北町)
 下関市立第五幼稚園運動場西隅(現在閉園)

 昭和27年、28年日本の石炭ブームで稗田にも炭層が発見され業者により試掘された。しかし、炭層が薄く採算が合わないために断念されている。
 川中中学校建設時(昭和23年頃)、運動場からも炭層が現れ、火をつけたら燃えていたといわれている。


 稗田厄神祠
(稗田中町)

 えのき公園の東隅にある石祠。祭事は行われていない。
          (現在は稗田町民館の東側に祀ってある)
 

 えのき公園は450平方メートル。東隣に墓地があり、その北隅に稗田土地区画整理事業完工の記念碑がある。

市立第五幼稚園跡地
稗田厄神祠跡
稗田厄神祠 稗田町民間東側に移転

散策の道 稗田④

 稗田土地区画整理事業
 
  昭和46年に着工した稗田土地区画整理事業は、施工面積328,771.93平方メート ルであった。これにより昭和49年9月11日に大字稗田の一部が稗田北町、稗田中町、稗田西町となる。  昭和55年2月12日にそれぞれ住居表示実施。

(「稗田土地区画整理組合」を設立。昭和4669日着工)
 ※34ヵ月の歳月と約7億円を投じ、10万坪の宅地が完成
         (えのき公園隅:稗田土地区画整理事業竣工記念碑)

  昭和52年に着工した、火の見山の西南麓に拡がる伊倉・稗田・熊野の三大字にまたがる丘陵地を住宅地として開発する土地区画整理事業は、施工面積401,072.03平方メートル。現在の川中豊町団地でありその五分の二は稗田地域である。
 昭和57年12月28日には川中豊町五~七丁目が独立して、大字稗田の地区は消滅したこのような土地造成により、昔の姿をとどめているのは、ただ稗田町だけとなった。

 稗田町
   昭和55年2月12日の住居表示実施に伴い、大字稗田の一部が稗田町となった。
 中央を武久から新下関に通じる県道が東西に貫いている。

  稗田川
     稗田川は昭和45年、53年の二度にわたる改修工事により洪水の被害は
 まぬがれることができたが、上流地域の住宅増により水質汚染を来たし、
 どぶ川に変わった。昔は、清流で子どもたちも終日水浴を楽しみ魚も多く
 とれる良い川であった。

    稗田川は環境の変化により、毎年氾濫を繰り返し常襲水害地となる
 古来の美田も湿田化し、耕作者は深く之を憂慮し町を挙げて市に陳情し
 稗田川改修工事は完成せり。 (稗田土地区画整理事業竣工記念碑)

 産 業
   稗田は純農村であった。しかし、平地に乏しく、川の流域に僅か水田があったが、
 土質もよくなく、収穫は少なく丘陵の畑地に頼らざるを得なかった。
 作物は大根が主であり、戦前戦中大量に出荷されていた。

       次ページ

稗田土地区画整理事業竣工記念碑
稗田川 稗田北町 稗田北町公園付近
稗田川 奥が熊野方面
稗田川 奥が綾羅木駅方面
Pagetop