沿革 長門国・豊浦郡

ホーム 川中地区概要 沿革 長門国・豊浦郡

長門国・豊浦郡の沿革

【長門国・豊浦郡の名称と由来】

 長門は、古くは「穴門(あなと)」と呼ばれ、「穴戸」と書くこともあった。『日本書紀』によれば、大化6年(650年)穴戸の国司草壁醜経)が白雉を献上した。
天智4年(665年)には長門国が初見される。この間に改められた。
 穴門はミナト(水門)の意で、海峡(関門海峡)を指しており、日本神話にも「穴戸神」の名が見える。古墳時代に成立した穴門国造の領域と阿武国造の領域をあわせて、7世紀に穴戸国が設置された。7世紀後半に長門国に改称した。

  長門国豊浦郡は, 寛文印知以前に豊西郡・豊田郡・豊東郡の3郡に分かれていた。
 豊浦郡山田村及び同郡長府 (府中) 村は豊東郡に, その飛地が豊西郡に属していた。慶長図では本村の村形と飛地の村形を重ねて描き, 村形内に石高と「○○郡ノ内」と別途記載をすることで, 属地であることを示した。他方, 正保図上では改訂され, 村形の別記ないし本村に総括した一村切で村形が図示され, 元禄図においてもこの体裁が踏襲された。なお元禄図では豊浦郡内に統括されたため,○○郡ノ内」という表記はみられない。

PDFファイルを表示
Pagetop