地名の由来3

ホーム 川中地区概要 地名の由来3

稗田

【稗田】
  地名の由来については、稗田とは文字通りのことか。
  あるいは「水の冷たい田」のことか。
                (高橋文雄「山口県地名考」)とある。

 正慶二年(1332年)鎌倉時代
 『正慶乱離志』の中で、長門探題北条時直が伊予の国、平井城を攻めたところ、翌日 
 南軍の土肥得能等と戦って運悪く大敗し、命からがら長門に逃げ帰ったとき、「防長
 軍兵の内長門国 薭田孫四郎入道上下三人討ち死に」とあって、稗田の名前が出てき
 ます。
 
 建武二年(1335年)南北朝時代
  4月8日の「武久家文書」には、薭田次郎兵衛尉経清が「長門国成富名并綾羅木屋
 敷」を知行していたと記し、当地区一帯に稗田氏を称する豪族が居住していたことを
 示している。

 弘治三年(1557年)戦国時代 
  8月28日の杉松千代丸当知行注文に「豊西郡内薭田村成富名」(閥閲録79巻)
 とあるのが、地名の初出の記録であり、稗田村にあった成富名のうち九石分を杉松千
 代丸(重良)に知行したことを示している。

  ―(長府の長福寺(現功山寺)で大内義長が自刃し、防長は毛利家の天下に帰し
   た。この政変による家臣らの所領安堵といった書状が上記の資料である。)―

  弘治四年(1558年)戦国時代 
  9月3日の桂元忠ほか毛利家家臣連署奉書(閥閲録156巻)によって、
 薭田村十石分が村橋時貞に宛行われている。また、「閥閲録」によれば、細工人
 村橋新兵衛の頃、この時に豊西郡薭田村の久佐弾正忠跡の十石足を、伊倉村の内十三
 石とともに、替りの地として村橋時貞に宛行う旨の毛利氏の児玉就忠ら連署の執達状
 がある。

 

熊野

【熊野】
  熊野は昔、堀田ケ迫とよんでいた。この時紀州から浪人が来往し、本国の熊野の氏神 
 を勧請して崇敬したので、地名となったと言う里人の説がある。      
                           -「御国廻御行程記」ー

  紀州から熊野権現を勧請したので熊野とよばれるようになった。中村家の先祖が権現
 様を負うて帰ったので、門名(かどな)を「負(おい)の屋敷」(おうやしき)とい
 う。と記されている。                  -「下関史」-

  綾羅木川の流域から見て、クマ(隅)のノ(野)に位置することから、この地名が生
 じたとも考えられる。

垢田

地名の由来は、「下関市史」に赤土の層が多いことから赤田と呼ばれたのであ  
 う。とある。

  言い伝えとしては、垢田の海蔵寺の住職、広瀬祖文氏の話によると、 
 「むかしこの地方に天候異変が起こり、春から夏にかけて、雹や霰が降ったり、干ばつ 
 が続いたりしたため作物ができず、また疫病で多くの人や牛馬が倒れたりもしました。
 そこで、村の人達は、海蔵寺のご本尊である観音像を撫でながら、災難が一刻でも早く
 過ぎ去るようにお願いしたということです。それからというもの、観音像を撫でるとき
 にでる垢で、自分の身を守るという慣わしが続きました。そのようなことから垢田とい 
 う名がついたともいわれています。」

川中豊町

川中豊町】
  町の名は、町域の東北側にある火の見山西麓に鎮座する豊神社に由来する。
 一丁目から七丁目まである。
Pagetop