地名の沿革Ⅱ

ホーム 川中地区概要 地名の沿革Ⅱ

藩制時代の地名の沿革(慶長・慶安・元禄)

江戸時代(藩制時代) その1
<長府藩 ― 長州藩(毛利藩)の支藩 ―
>
川中地区の沿革
(「伊倉」「有冨」「綾羅木」「稗田」「延行」「熊野」
   「垢田」「石原」)
 ※藩制時代においても、まだ「川中」の地名は史上に現れていない。

  PDFファイルを表示

慶長五年
(1600年)
     9月の関ヶ原の戦いによって、毛利氏を主将とする西軍は徳川方の
       東軍に敗れ、10月10日、毛利氏はこれまでの中国八ヵ国支配から、
       防長二ヵ国に減知された。   
     その結果、毛利氏一族の所領替えが行われ、豊浦郡は藩主輝元の
       叔父である毛利秀元に委ねられた。秀元が長府に居を定めたことから、
       以後長府藩と称される 。

   このころにはまだ有冨、伊倉、赤田、綾羅木の4村だけが
       史上に現れ、石原、延行は有冨の、稗田、熊野は伊倉の小村
       となっていた。

  文献:『検地帳』
    ・綾羅木 一村立して以来、綾羅木村として変わらない。
    ・伊 倉 伊倉は稗田と熊野を附名としている
    ・延 行 冨村の支村として延行村とあり、有冨村と合わせて
         記載されている。
    ・稗 田 薭田村、稗田という名前が伊倉・熊野と合わせて
         記されている。

 文献:『地下上申』
    ・延 行 有冨村に属し「小村延行村」となっている。
         延行村は、ことに“諸給地入交”と記されている。
    ・稗 田 同付図には、一村として描かれている。

 文献:『村浦明細書』
    ・延 行 畝数九町六反二十四歩六朱、田高二百十六石二升八合
         八勺と記しいる。
         石高のうち給領地の割合は五十四・四パーセントと
         なっている。
    ・稗 田 一村として独立している。
 文献:『風土注進』
    ・稗 田 小村として稗田村と記されている。

 文献:『長門国絵図』
    ・熊野村は豊西郡に属し「ヒエタの内熊野」と見える。

慶長8年(1603年)
      江戸時代(徳川家康:征夷大将軍に、幕府を江戸に開く)
      江戸時代:慶長8年(1603年)~慶応4年(1868年)

慶長十五年(1610年)
  文献:『検地帳』
     ・綾羅木と赤田村は独立している。
     ・有冨村は「在富村」と記され、延行村・石原村と併記され
      ている。
     ・有冨村の支村として延行村とあり、有冨村と合わせて記載さ
      れている。
     ・伊倉は熊野・稗田を合わせて記されている。
     ・稗田とあって、伊倉・熊野と合わせて記されている。
     ・赤田村と記されている。
  文献:『地下上申』
     ・有冨村は石原村、延行村を当村の小村としている。
     ・延行村は、ことに“諸給地入交”と記されている。
  文献:『地下上申』付図
     ・有富村は石原村を合わせている。
     ・伊倉は稗田・熊野を併せている。
     ・稗田一村としても描かれている。
  文献:『村浦明細書』
      延行村は、畝数九町六反二十四歩六朱、田高二百十六石二升
      八合八勺と記している。
      石高のうち給領地の割合は五十四・四パーセントとなって
      いる。

慶安二年(1649年)
  文献:『検地帳』
     ・稗田が熊野村の小村として記され、
     『絵図』には
     ・伊倉、稗田の名前が見える。
     ・熊野をもととして伊倉はこれに合わされている。
     ・伊倉・稗田を含めて熊野村一村として描かれている。

元禄年間(1688年~1704年) 
  文献:『元禄郷帳』
     ・熊野村に伊倉・稗田が含まれている。
     ・伊倉・稗田を含め、熊野村一村
     ・赤田村と記されている。
  文献:『地下上申』付図
     ・熊野村一村で描かれている。
  文献:『村浦明細書』
     ・熊野村一村で記されている。

藩制時代の地名の沿革(元禄・享保・元文・寛保・延享・天保・安政)

江戸時代(藩制時代) その2
<長府藩 ― 長州藩(毛利藩)の支藩 ―
>

元禄十二年
(1699年)
  文献:『元禄郷帳』
      伊倉村は熊野村の内に含まれる。
  文献:『村浦明細書』
      伊倉村は以後独立した一村として記されている
      稗田村は熊野村の小村として扱われている。

享保年間(1716~1735年)
  文献:『地下上申』『風土注進』
      このころから「赤田村」から「垢田村」と変わった。

元文四年(1739年年)
  文献:『御国廻御行程記』
      垢田で呼ばれている。

寛保二年(1742年年) 垢田村とある。

延享四年(1747年)
  文献:『地下上申』
      稗田は垢田村の小村として扱われている。
      熊野村庄屋1人、熊野村畔頭1人、の記載がある。
      伊倉村庄屋、伊倉村畔頭一人、の記載がある。
      有冨村庄屋一人の下に、同所延行畔頭一人の記載がある。
      有冨村庄屋一人の下に、有冨村畔頭三人、同所石原畔頭、同所延行畔頭   
      各一人の記載がある。
      綾羅木川より掛け持ちの熊野村庄屋1人、熊野村畔頭1人、同村萩の角右
      衛門庄屋、同村西図書庄屋1人、の記載がある。
  文献:『村浦明細書』
      延行村の寺社は、八幡宮一社、木船社二ケ所(神間のノ森、宮端ノ森)、
      明見社(竹生山に在り)、法寂寺(真宗)、大源寺(禅宗日頼寺末)、
      薬師堂(浄巌寺末)、竹生寺(禅宗日頼寺末)、とある。

天保年間(18330~1843年) 

      各村とも大きくその名を史上に現わしてくる。

     各村々は長府藩の豊浦郡西前支配に属し、伊倉・稗田・熊野・赤田・
     綾羅木・延行・有冨・石原の八つの村があった。
     豊浦郡西前支配所属の他の村々には、安岡地区の諸村及び一の宮・秋根村
     勝谷村・藤ケ谷村・高畑村であった。

   文献:「天保郷帳」 垢田村とある。

安政年間(嘉永7年・安政元年 ~  安政7年 ) 将軍家定、家茂、
     (   1854年  ~  1859年)
       日英和親条約締結・日露和親条約締結  
       桜田門外の変(井伊直弼暗殺される)

     この頃では各村同じような格式で取り扱われ、一村一村についてその当時の
    村内事情が書き出され、その内容も明瞭となってくる。

  長府藩はこれらの各村を
    ・有冨支配(石原・有冨・延行)
    ・熊野支配(伊倉・稗田・熊野・垢田)
    ・綾羅木支配(綾羅木)の三支配に分け、豊西郡代官の統治下に置いた。

   代官の下には3名の庄屋を配して直接民治を受け持たせいた。各庄屋はさらに
   各畔に畔頭を置いて村役(年寄)とし、村治の雑務を輔けさせた。
    「村浦明細書」(長府藩から萩の本藩へ差し出された報告書)

 

 

 

Pagetop