川中地区散策Ⅲ

ホーム 川中地区ガイド 川中地区散策Ⅲ

散策の道 綾羅木①

【中山神社】(綾羅木本町七丁目)

 明治維新の先駆者であった青年公卿中山忠光を祀っているのが綾羅木海岸寄りにある中山神社です。中山忠光公は明治天皇の叔父にあたり、幕末の動乱期に急進派の青年公卿として活躍しましたが、元治元年(1864年)12月、20歳の時に兇徒に襲われ暗殺されました。
 境内には彼のお墓とともに、中国最後の皇帝、宣統帝(薄儀)の弟、愛新覚羅薄傑、及び彼の妻で忠光のひ孫にあたる浩を祭神とする「愛新覚羅社」があります。



「中山忠光卿墓」
国指定史跡(昭和十六年八月一日指定)

中山忠光は、幕末に国事に奔走した尊攘急進派の少壮公家。弘化二年(1845年)四月、中山忠能の七男として出生。安政四年(1857年)従五位下に叙せられ、同五年、侍従に任じられた。また、万延元年(1860年)には、甥にあたる睦仁親王(のち明治天皇)に祗候した。 
 若年時から諸藩の志士たちと交わる。特に文久二年(1862年)以降は、国事御用掛に任じられた父忠能の許に出入りする武市瑞山・久坂玄瑞・吉村虎太郎・真木和泉等の尊攘急進派と交際し、次第に尊攘公家の代表的な存在となっていった。
 文久三年(1863年)二月、十九歳の若さで国事寄人に任じられたが、三月の攘夷祈願の加茂行幸に供奉したのち、下関での攘夷戦に参加するため、官位を辞し、京都を脱して来関した。竹崎浦の白石正一郎邸に寄宿し、五月には久留米に赴き、獄中にあった真木和泉を救出した。六月、吉村虎太郎等と帰京し、孝明天皇の攘夷祈願のための大和行幸を画策。また、この攘夷親征に呼応するため、吉村虎太郎・松本奎堂等と天誅組を結成し、八月十七日に大和五条で倒幕の兵をあげた(天誅組の変)。しかし、八月十八日の政変により孤立し、十津川で幕府軍の討伐を受け敗退。その後下関に落ちのび白石家に潜伏したが、長府藩に幽閉され、藩内各所を転々とした。禁門の変、下関戦争、その後の第一次長州征伐により攘夷運動が挫折した元治元年(1864年)十一月、幽閉先の田耕村杣地(豊北町)で長府藩保守派により暗殺され、この地に埋葬された。享年二十歳、のちに新政府から正四位を贈られた。

 

 

散策の道 綾羅木②

「愛新覚羅社」 中山神社の境内にあり、

 愛新覚羅家は中国大陸清朝の直系にて溥傑命は清朝最後の皇帝宣統帝となられた溥儀皇帝の弟君である。
 溥傑命は日本の陸軍士官学校を恩賜軍刀を授けられ又、陸軍大学をも卒業された文武両道に優れたお方でありました。戦後は中華人民共和国全国人民代表大常任委員及び全国政治協商会議常任委員として中日国交回復及び両国友好に尽力されました。
 浩命は公家の中でも名門の嵯峨侯爵の長女として誕生され日本国と満州国とを結ぶ親善結婚として溥傑命に嫁がれたのであります。しかし戦後は満州国の崩壊、逃避行、文革の嵐と様々な経過を辿られまさに昭和史いや世界史を一気に走り抜けたお方でありました。
 慧生命は溥傑命と浩命の長女として誕生され、名前は溥傑命がお付けになられました。学生時代中日両国の架け橋として自ら中国語を学び、周恩来首相に直接父親と一緒に暮らしたいと訴えた手紙を出され、そのことが溥傑命の特赦へつながったのであります。しかし運命の成せる業か天城山にて不慮の事故に遭遇されたのでありました。

散策の道 綾羅木③

 六地蔵(綾羅木本町2丁目)

  二石の六地蔵。高さ55センチ、幅124センチ。

 “咳のコツるのを鎮めてくださるとかで、お参りの人が多いと言う。
 川は三途の川の意味であろう。

      (『郷土』25号所載・中西輝磨「下関の六地蔵」)

 かって8月の地蔵盆には、子どもたちが晴れ着の浴衣を着てこの地蔵様に
お参りをしたという。昔はここに小さなお堂があり、カネリたちがカゴを洗って
安岡浦に帰っていった。現在は綾羅木橋の麓、下流側に置かれている。

 


 綾羅木川

 綾羅木川の下流域は広域な沖積平野を成し、現在は住宅地や商業地に蚕食され、なお広々とした水田が広がっている。有富のもっとも上流域に位置するところですら、海抜が四~五メートル程度であるため古くからしばしば水禍に悩まされてきた。小森二ヵ所(延行・伊倉)やこもの口(綾羅木)の字名は、川の氾濫時に水が籠るという意味で、コモリと命名されたものであり、水が滞留するその入り口であることからコモ(リ)の口であった。
 綾羅木川(昔は石津川)は、北流して梶栗川と合流し、梶栗町1丁目から響灘に
注いでいた。現在のまっすぐな流路に変わった時期は明らかでない。
 旧川沿いに南古川、北古川、新たな川沿いに新川という字があった。

 綾羅木橋 (綾羅木本町2丁目・5丁目と綾羅木新町4丁目との間)

 綾羅木川の河口から約2キロメートル上流のところで国道191号線を結んでいる。『御国廻御行記』(1742年)には「石津川」に”板橋十四間“が架けられていた。
このころは綾羅木川を石津川と呼んでいたものらしい。
 旧北浦街道はここを通っていた。

『長門国大道小道并灘道舟路之帳』に、“一、福江より幡生迄二里拾二町、此内河壱ツ 石津川廣卅間深二尺 かち渡 大水出候時ハ渡り無之“とある。
 “県から最初に補助を受けて造った道は、幡生から安岡までのもので、これは明治5年(1872年)に川中の水川正亮らの奔走によってたのである。この道路に架ける橋のために、水川は京阪神地方に行って、大阪では天満橋、京都では三条大橋・五条大橋、山城の山崎橋などを調査して帰り、橋脚に石材を用いて工事を行い、道路の完成とともに望洋橋が出来上がった。
 これがこの地方で最初の県道といえようが、このため赤間関と北浦方面との交通の不便が大いに除かれたのである。
 “『下関市史』藩制~明治前期『山口県風土誌』には豊西下村の橋梁に、“綾羅木村字古橋・字新田入会、長拾六間、幅弐間、高欄附土橋、県費修繕“とある。
 昔は県道で、明治10年5月、県道改修の際に架けられ、望洋橋と名付けられた。
昭和5年コンクリート造りの永久橋に架けかえられた。この橋の完成を祝って橋の由来が刻まれた望洋橋の碑が川北神社の境内に建っている。
 県道はやがて国道となり、昭和50年建設省は、4トンの重さに耐える幅8メートルの綾羅木橋の架橋工事に着手し、52年3月31日に開通した。
 長さ41.2メートル、幅16メートル、40トンの重さにも耐えられる。
                (「市報しものせき」昭和60年1月1日号)

 この付近に、藩制時代には茶店があった。 
 豊浦郡宇賀の村医、古屋道庵の日記、慶応3年(1867年)4月10日の条に
“束装天明上途、綾羅木店に休む。馬関商人在り酔話に曰く、此の海口に碑有り、すなわち中山侍従の墓也、其の妾すなわち馬関生まれ、今一男を生み山口に在り、萩公之を
と云う。店婦また曰く信なり、侍従君命日2月11日云々。”と記す。

 

綾羅木川河口側から見た綾羅木橋
綾羅木川上流から空撮 中央の橋が綾羅木橋

散策の道 綾羅木④

 綾羅木駅 (綾羅木本町2丁目)

  JR綾羅木駅は字浜口に大正3年(1914年)4月22日に開設された。
 当時は東下関駅から小串までの区間で、長州鉄道株式会社に属していた。
 駅舎は現在の駅から北方約200メートルの位置にあった。
 大正14年6月1日に長州鉄道の幡生・小串間が国有となった。
 昭和61年2月12日に、綾羅木駅前に弥生の土笛の碑が建てられた。


 

 


 [
綾羅木浜 ]

 藩制時代綾羅木村の郷の一部で、浜あるいは西浜とよばれ、浜あるいは西浜と呼ばれ、勝ケ野、吹上、高山などといった小名を持っていた。
 『地下上申』付図には、その全域がほとんど白地で示されている。

 藩制時代の中頃、永富独嘯庵らが綾羅木の海岸(現在の綾羅木本町)で、サトウキビの栽培を行ったため幕府から砂糖の密貿易の疑いがかけられ、幕府は宝暦六年(一七五六年)九月、幕吏を派遣し独嘯庵らから事情を聴取した。
 綾羅木の海岸には黍畑(きびばたけ:現在の中山神社のある付近)と呼ばれる字があった。古老の言によると、ほかに「砂糖べり」という場所もあったという。
 北浦街道に沿って茶店がある以外、浜にはほとんど人家がなく、勝ケ野といわれるあたり(現在の綾羅木本町の中央)は深い松林につつまれ、その間に点々と畑地が拓かれているに過ぎなかった。
 明治の中期以降に県道が整備され、大正三年四月二十二日には長州鉄道株式会社が東下関・小串間に、長州鉄道北浦線を開始し当地(大字綾羅木字浜口)に綾羅木駅が設置されてからは駅周辺の県道の両側から徐々に発展し始め、人口も増加してきた。
 下関市役所川中支所に保管されている「川中村勢調査原簿」(大正年間に調査実施されたものか)には、村内を九部落に分ち、その一つに「綾羅木浜」を挙げている。
 大正十二年三月一日には下関綾羅木郵便局が開設された。
 海岸には海水浴場が設けられ、下関市のリゾート地として有名になった。

  
 

現在の綾羅木駅(無人駅)
駅舎前に建立されている土笛の碑
綾羅木浜 奥が安岡
綾羅木浜 奥に長州出島が見える

散策の道 綾羅木⑤

綾羅木海水浴場 (綾羅木本町7丁目)
 綾羅木海岸は市内有数の海水浴場として発展した。
 “響灘に面し、広い松原と長い白砂の浜を持っている下関随一の
海水浴場で、環境・設備ともによい。
 また安岡海水浴場にかけての弓状のなぎさの線の美しさは北浦海岸に
比類がない”と『下関市史』(市制施行以後編、昭和33年)に記されている。

 “休憩所14、飛込台3、貸ボート150、(キャンプ可)ブランコ1”

  戦前には養鶏場がこの地区で盛んに行われていた。“綾羅木浜に起こった養鶏業……次第に成長して、やがて北九州以東のこの地方養鶏界では、その地位は屈指のものとなって来た。”―“綾羅木の養鶏は、大正の初めの頃から、この土地が養鶏に適していることに気づいた長府の某氏の経営に始まった。その後五、六年にしてキリスト教の牧師山田某が、伝道の傍ら養鶏に従事し、同時に知友達にもこれを奨め、この地が最も養鶏にてきしていることを宣伝したので、にわかにこれを試みようとする人が多くなった。大正六、七年(1918年~1919年)頃からは副業として盛んになり、大正十五年(1926年)頃からは専業として志すものもあらわれ、その後3、4年した頃にはわざわざ他の地区から入り込んで、専業とするものもあって、たちまち数十軒の業者が生まれた。関門地方はもとより、朝鮮、満州にまで販路を進め、下関市内などでは「新鮮な地玉子」といえば「綾羅木もの」ということが評判となり、その生業はますます盛んになった。”― 
              『川中風土記(徳見光三)』
 太平洋戦争の敗北に伴って、鶏卵の主な販路であった「外地」が
失われたため、綾羅木の養鶏業は急速に衰亡した。

     次ページ

綾羅木浜から見る夕陽①
綾羅木浜見からる夕陽②
綾羅木浜から見る夕陽③
Pagetop